多くの知識が必要!プラント工事を管理するための求人


建設を管理するプラントエンジニア

工事現場の求人の中でも特に高い能力を必要とする仕事が、プラント工事の管理者です。通常の工場建設における管理者と比較しても、さらに高度な能力が必要になる仕事で、適切に仕事ができる人材も少ないために給与が高額な求人も多いです。プラント工事の管理者はプラントエンジニアと呼ばれることもありますが、プラントエンジニアは工場の管理だけでなく設計も一緒に担当する仕事のことです。管理だけでなく設計も同じ人に担当させることで、工事を実際に進めるときに管理がしやすくなります。そのために、工事現場ではプラントエンジニアとして管理者を募集していることもあり、必要になる能力はさらに高くなるので、管理をするだけの仕事よりも給与は高額です。

協力して管理をおこなうプラントエンジニアの仕事

プラントエンジニアの仕事は、複数の専門家が集まって、協力しながら建設作業を管理するのが特徴です。生産設備を建設する場合には、さまざまな分野の専門家の知識が必要になりますが、それぞれの専門分野ごとに独自のプラントエンジニアを任命することで、複雑な工場の建設作業も進めやすくなります。生産設備を建設するために必要になるプラントエンジニアの代表的なものが、電気設備に関する知識を持っているエンジニアです。

生産施設を建設する場合には、電気設備だけでも大規模な施設を建設しなければいけないことも多いことから、電気設備だけを専門に管理するプラントエンジニアが必要になります。機械の技術に精通したプラントエンジニアなども、工場の建設には必要な人材です。

施工管理の求人は、給与が高いです。主な仕事は、建築現場における管理業務になります。国家資格である「施工管理技士」を取得すれば、キャリアアップの助けになるでしょう。